首・肩の痛みの症例

症例肩・首の痛み

30代 男性 徳島からご来院

2か月前から肩と首に強い痛みが出現。

同じ姿勢で運転や仕事をしていると出現する。

 

既往歴

1年前に交通事故(追突)整形外科でむちうちの診断。

整形外科での治療方法 
痛み止めの処方とリハビリ(頚椎牽引、ウォーターベッド、マイクロウェーブ:温熱療法)

ストレートネックで事故などで痛みが出やすいと言われた。

 

評価

ストレートネックであるが猫背のために出現している。

圧迫痛(頚椎の背面に限局、僧帽筋部分)

 

痛みを出現させている関連部位

肋骨の形状変化、後頭骨(頭蓋骨後下面)、第1と第2頚椎、第6と第7頚椎、

第3胸椎、脊椎全体から骨盤までのズレ

 

施術

胸郭(肋骨)の調整を中心に実施してから、頭蓋、頚椎、脊椎、骨盤に対して施術を実施する。

 

結果

特には同じ姿勢を維持することで筋肉の張りが出現しやすくなっていました。

そのために骨格を調整して、筋肉が楽に使えるように調整しました。

一回の施術で痛みは殆ど改善。4日後にも痛みなく維持できていると連絡を頂きました。

 

施術に伴う他の変化

肋骨に変形に伴う咳の減少
睡眠質の上昇
ストレートネックの改善
握力の改善
腕のだるさの改善
立ちやすさの改善

 

※3週間後に来院時に続く→ 首・肩の痛みの症例Ⅱ